平日14時以降の申し込みで即日融資してもらう方法

平日15時以降は銀行が営業していないためプロミスが口座に振り込みをすることができません。
そのため、平日14時までに申込・審査・契約まで全て終わらせておくことが即日融資の条件となります。

しかし、働いていると「平日14時までに申込から契約まで終わらせられない」ということも多いですよね。
そこで今回は、平日14時以降の申し込みで即日融資してもらう方法をご紹介したいと思います。

【平日14時以降の申し込みで即日融資してもらう時の手順】

  1. スマホ・PCから申し込み
  2. 1次審査
  3. 在籍確認・必要書類の提出
  4. 2次審査
  5. 無人契約機でローンカード発行
  6. ATMからローンカードを使って借入

スマホ・PCから申し込み

申し込みはスマホやPCからでOK。
申込方法は「カンタン入力」「フル入力」を選べますが、急いでいる場合は入力項目の少ない「カンタン入力」を選びましょう。
どちらの方が審査に通りやすいなどはなく、カンタン入力を選ぶと1次審査通過後の連絡で仕事や住居の詳しい内容を聞かれます。

もし、「仕事中で長電話はできない」というのであれば、フル入力がいいでしょう。

また、申込フォームの「ご契約方法の選択」の欄で「Web」か「来店」を選べますが、無人契約機でカードを発行しなければいけないので「来店」を選ぶようにしましょう。

在籍確認・必要書類の提出

申込フォームの入力が終わると審査結果の待機をします。
早ければ最短30分で回答してもらえ、合格なら電話、不合格ならメールが送られてきます。

1次審査合格の連絡とともに「今から職場に在籍確認の電話をしてもいいですか?」「必要書類を今から送れますか?」ということを質問されます。

職場への電話は担当者が個人名で電話をかけるので、プロミスからの電話だということはバレません。
普段電話がかかってこない職場の場合は「家族や兄弟の保証人になったから連絡がきた」というような理由を用意しておくと、怪しまれることも少なくなるのではないでしょうか。

必要書類は「借入額50万円以下」または「他社借入含め100万円以下」の場合だと身分証明書だけでOKです。

身分証明書と収入証明書として認められるもの
身分証明書 運転免許証、健康保険証、パスポート(外国籍の方は、合わせて「在留カード」または「特別永住者証明書」「外国人登録証明書」が必要)
収入証明書 源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、給与明細書(最新2ヶ月分)

必要書類の提出は携帯電話で撮影をして、プロミスが指定するページへアップロードするだけです。

無人契約機でローンカードを発行してATMからお金を引き出す

在籍確認・必要書類の提出が終わったら審査終了です。
担当者から連絡が来た後、最寄りの無人契約機へ行き、契約を行います。
必要書類を持っていくことも忘れずに。

ATM(無人契約機)は日本全国にあり店舗数もかなり多いので、ネットで検索すればすぐに見つけることができます。

プロミスの店舗・ATMを探す

ATM(無人契約機)での契約はATMのモニター画面に表示される指示の通りに行うだけなので難しいことはありません。
だいたい30分ぐらいあればローンカードを発行することが可能です。

ただし、ATM(無人契約機)が21時~22時(店舗によって違います)までしか営業していないので、遅くとも20時ぐらいまでには行くようにしておきましょう。

ローンカードを発行し終わった後は併設されているATMや提携のコンビニATMでお金を引き出すことができます。